ゲリラ的な下痢に悩まされている人は、意外と多くいます。

そんな中、慢性的な下痢体質の改善に効果を期待できる成分が配合された「黒梅日和」は、下痢や過敏性腸症候群を何とか対処したいと考えている人にとって人気のサプリメントです。

「でも黒梅日和って副作用の心配とかはないの?アレルギー成分などは入っていない?」

と不安の声もあるかと思います。

そこで今回は、黒梅日和の副作用やアレルギー成分について詳しく見ていきたいと思います。

黒梅日和の副作用

まずは、下痢対策サプリメントである「黒梅日和の副作用」について見ていきます。

黒梅日和は自然由来の成分で製造されている

黒梅日和サプリメントは、公式サイトを見ても分かるとおり、自然由来の成分で作られているサプリメントになります。

主な成分には、梅肉エキス・ガジュ末(紫ウコン)・アロニアエキスが配合されていて、これらが腸内活動を正常に整えてくれたり、下痢の原因を抑えてくれる効果を発揮してくれるというわけです。

さらに、成人していない子供にも安心して摂取させることが可能と明記されていますので、安全な成分で製造されていますし、身体に悪影響を与える副作用という点では、全く心配はありません。

アロニアエキスの効果によって表れる作用

その中でも、先ほどご紹介した黒梅日和に含まれる成分「アロニアエキス」には、副作用とも言えるべき作用があります。

それは、

  • 腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)の抑制
  • 腸の水分分泌の抑制

という腸の消化管運動に働きかける副作用です。

排便のメカニズムをお伝えしておくと、腸内にある便を排出させるために腸が蠕動運動(ぜんどううんどう)を起こし、肛門まで便を運びます。

逆にアロニアエキスはこの蠕動運動(ぜんどううんどう)を抑制してしまうので、便の排出が起こりづらくなってしまい、便秘の原因や排便時になかなか排出されない便を出そうと力むことによるイボ痔にも繋がってしまいそうな気もしますね。

ですがが、黒梅日和には整腸作用のある成分を贅沢に配合されていますので、腸を整えることで

  • 下痢を起こす異常な状態
  • 便秘を起こす異常な状態

のどちらにも効果を期待することが出来ます。

黒梅日和の「下痢を止める体質づくり」の秘密はアロニアエキス

ですが、このアロニアエキスの2つの抑制作用によって、下痢の抑制には効果的な結果を生み出してくれます。

まず、急な下痢に悩まされる原因として、腸の過剰に反応によって起きる蠕動運動(ぜんどううんどう)があります。

さらには、腸の内壁が本来吸収すべき便に含まれる水分も、腸機能の低下によって吸収されることなく、水分量の多い便のままになってしまうことも原因です。

この2つの下痢の原因を、アロニアエキスの副作用によって抑制することで、下痢を引き起こしにくくすることが可能なんです。

また、アロニアエキスにはポリフェノールが豊富に含まれていますので、小腸で吸収されることなく大腸にまで届いてくれるため、しっかりと効果を実感することができるようになっています。

黒梅日和サプリの摂取が下痢対策に期待できるのは、こういった下痢の原因を根本から抑えてくれる成分が配合されていることも、大きなメリットと言えますね。

黒梅日和のアレルギー

黒梅日和の副作用については、実は下痢体質の人にとっては嬉しい効果ということが分かりましたね。

次に、黒梅日和サプリメントを摂取してもアレルギー成分によるアレルギーの心配はないのかという点について深掘りしてみましょう。

黒梅日和に含まれるアレルギー成分

黒梅日和には、一つだけアレルギー成分が含まれています。

それは「大豆」です。

黒梅日和には大豆ファイバーを含んでいますので、大豆に対してアレルゲンを持っている人にとっては、アレルギー反応を起こしてしまう可能性があります。

少量であれば問題ないくらいの大豆アレルギー軽度の人であっても、医師の相談の上で判断しましょう。

決して自己判断で「このくらいであれば大丈夫だろう」ということはやめておきましょうね。

まとめ

黒梅日和の副作用とアレルギーについて解説しましたが、どちらにも言えることは事前に黒梅日和についてしっかり知っておくことが大事ということです。

  • 黒梅日和に副作用はない
  • 黒梅日和に副作用というよりも効能として「腸の蠕動運動・水分分泌の抑制」効果がある
  • 黒梅日和に含まれるアレルギー成分は「大豆」

この3点を抑えておくことで、黒梅日和を安心して購入することができますよ。