慢性的に繰り返す下痢は、腸の活動に異常が見られる証拠です。

特に、過敏になった腸によって腹痛や下痢が引き起こされてしまう『過敏性腸症候群』に悩まされている人が多く、急な便意に襲われてトイレに駆け込んだり、ひどい時には漏らしてしまう不安に悩まされることも…。

逆に便秘やおならで悩んでいる人も『過敏性腸症候群』を発症している可能性が高いと言われています。

この過敏性腸症候群は成人の10%~15%が患っている疾患で、その主な原因にはストレスが関係しています。

今回は、過敏性腸症候群の原因や、症状についての特徴などについて詳しく見ていきたいと思います。

つらい下痢に悩まされる過敏性腸症候群(IBS)

過敏性腸症候群は英語名でIBS(Irritable Bowel Syndrome)と言われています。

では過敏性腸症候群はどのような症状なのでしょうか?

過敏性腸症候群(IBS)とは?

過敏性腸症候群(IBS)とは?
過敏性腸症候群(IBS)は、下痢型・便秘型・下痢/便秘の混合型に分けることができ、消化器官運動が正常に行われずに消化管知覚過敏となる疾患(病気)です。これは慢性的に腸が過敏になっている状態で、下痢型の場合は主にストレスが引き金となって急な腹痛や下痢を引き起こすことが多いです。過敏性腸症候群の大きな特徴として、医療機関の検査を受けても異常が見つからないことが挙げられます。

過敏性腸症候群(IBS)の症状の特徴

過敏性腸症候群は、消化管運動異常、消化管知覚過敏、心理的異常の3つの症状が認められているのですが、その中でも腸の働きが深く関係しています。

腸が知覚過敏による過剰反応-便秘や下痢など排泄異常が起こる

過敏性腸症候群はその名の通り腸が過敏に反応してしまう状態を示していて、原因については後述しますが「ストレス」が大きな原因とされています。

症状としては便秘や下痢(泥状便や水様便)などの排泄異常が見られる疾患となっていて、慢性的に続く下痢や便秘によって長期間苦しんでいる人が多い病気と言えるでしょう。

また下痢や便秘だけではなく、頻繁に出るおならに悩んでいる人も過敏性腸症候群の可能性が高く、腸内に溜まるガスによって下腹部の違和感が起きることもあります。

医療機関での検査で異常が見られない疾患

慢性的な下痢や便秘が続く場合、過敏性腸症候群以外の病気の可能性があるのでまずは病院で診察を受けることをおすすめしますが(関連記事⇒慢性的な下痢が続く原因-病気の可能性は?)、過敏性腸症候群の場合は腸に異常が確認されることがほとんどないので、治療方法としては腸内環境を整える処方による対症療法でしか対応することが出来ないのが現状です。

処方してもらった薬を飲み続けても、なかなか改善されないことも多くあります。

日常生活に支障が出る可能性が高い

過敏性腸症候群の中でも下痢型の場合に多くみられるのですが、急に症状が出てしまいすぐにトイレに行けないような状況下でもおかまいなしに下痢による便意が襲ってきます。

特に多いのが、

  • 通勤途中の電車内
  • 仕事中(会議中など)
  • 外出時

という状況で催す下痢で、すぐにトイレに行けないに為に便を漏らしてしまう不安が強いことも特徴です。

さらにこの不安が影響し、日常生活に支障が出ることも多くなります。

過敏性腸症候群の特徴として、帰宅時や在宅中などには症状があまりあらわれることが無いことも挙げられるでしょう。

過敏性腸症候群には4つのタイプが存在

すでに少し触れましたが、過敏性腸症候群には4つのタイプが存在していて、男性は下痢型、女性は便秘型の症状が多くみられるという特徴があります。

では、4つのタイプの特徴をそれぞれ見ていきます。

下痢型

下痢型は特に日常生活に影響が出てしまう症状です。

急に下痢になってしまうため、外出時には不安が伴うことが多くなります。

便秘型

便秘型の場合は、男性では珍しいですが女性に多くみられる症状です。

一週間のうち排便が3日未満になることが多く、小さくコロっとした便(兎糞状便)になっているのが特徴です。

残便感を強く感じるタイプとなります。

混合型(下痢/便秘)

慢性的な下痢と便秘を交互に繰り返す症状です。

下痢が続いたり便秘が続いたりと、どちらの辛さも経験してしまうタイプと言えます。

ガス型

お腹にガスが充満して、おならが我慢できずに出てしまう症状です。

過敏性腸症候群(IBS)の原因

ここまで過敏性腸症候群の症状や特徴について見てきましたが、実際にはとてもツライ症状となります。

下痢に関しては腹痛やお腹の不快感を伴ったり、便秘に関しても下腹部に常に張ったとうな違和感を感じる不快感があります。

日常生活にも大きな支障を出してしまう過敏性腸症候群ですが、一体どのようなことが原因で引き起こされてしまうのでしょうか?

ストレス

過敏性腸症候群を引き起こす主な原因は、『ストレス』と言われています。

ストレスを感じることで脳下垂体からストレスホルモンが分泌されるのですが、このホルモンが原因となり腸の動きを敏感にさせて下痢や便秘の症状に繋がってるんですね。

このようなストレスによる腸活動の低下が頻繁に繰り返されることで、腸が知覚過敏になっていくという悪循環になってしまい、慢性的な発症の原因となっています。

また、ストレスによってセロトニンという神経伝達物質の分泌量が減ることで、腸の動きが妨げられることも指摘されています。

不安や緊張からくる精神的ストレス

今までの下痢の経験から、外出時に強い不安を感じたり緊張してしまうことで、慢性的に腸の働きに異常が生じてしまいます。

疲労や睡眠不足からくる身体的ストレス

これは意識をすることで改善しやすいことになりますが、食事内容を含めた生活習慣の乱れが身体的にストレスを感じさせることがあります。

また、疲労や睡眠不足もストレスと密接に関係しているため、腸の蠕動運動を活性化させてしまって下痢を引き起こしてしまうことも。

過敏性腸症候群(IBS)になりやすい人

過敏性腸症候群になる原因としては、ストレスやそれ以外にもいくつか原因を挙げることができますが、実はその中でも過敏性腸症候群になりやすい人というのが存在します。

そこで、下記のチェック項目に当てはまるか確認してみましょう。

過敏性腸症候群チェック

あなたはいくつ当てはまる?
□ 急に下痢になってトイレに駆け込むことが頻繁にある
□ 下痢や便秘の症状が一か月以上続いている
□ 便秘と下痢を交互に繰り返している
□ 下痢の時に腹痛を伴う
□ 下痢を排便した後は腹痛が治まる
□ ウサギの糞のようなコロっとしている便が出る時がある
□ 排便した後はまだ残便感を感じることがある
□ おならがよく出る、またはガスがたまりやすくお腹が張る
□ トイレが近くに無かったりすぐに行けない状況下で症状が出る
□ 起床~午前中の腹痛や下痢が多い
□ 休日には下痢の症状が出ることは少ない
□ 下痢や便秘によって体重が減ったり増えたりの変化は特にない

1つでも多く当てはまる項目が多いと、過敏性腸症候群の可能性が高くなってきます。

きっとここまで読み進めて頂いた人であれば、ほとんどの人が7個以上当てはまり、過敏性腸症候群の傾向が高いと言えるのではないでしょうか?

感情表現が苦手な人ほど発症しやすい

過敏性腸症候群はストレスが大きく影響しているのは間違いありません。

そんな中、

  • 感情を表に上手に表現できない人
  • 喜怒哀楽を表現するのが苦手な人

ほど過敏性腸症候群になりやすいことが分かっています。

その原因は、ストレスを受けた時に上手に表現して発散することが出来ない為、行き場を失ったストレスを身体が発散して表現している(腸活動の異常)ということ。

人前に出る事が恥ずかしい人や、真面目な性格の人ほど、この傾向にあると言われています。

まとめ

過敏性腸症候群の症状の特徴や、どのような原因で発症に至るのかについて解説しました。

主な原因として考えられるのはストレスですが、それ以外にも生活習慣を意識することで症状を緩和させる方向へ持っていくことが可能ですが、毎日気を付けなければいけないことが多いので、対処するのは大変だと思います。

そこで当サイトでは、手軽に下痢の原因を改善することができる【下痢対策サプリメント】を活用することをオススメしています。

毎日怯えている急な下痢を、起こさない体質に内側から変えてくれるので、不安を感じる日々から解放してくれます。

下痢対策サプリメントでおすすめなのは、「黒梅日和」です。

下痢で悩んでいる人で気になる方は、是非チェックしてみてほしいサプリメントですよ。